いくらなんでもこれはないでしょう?

私がサラリーマンの時、取りあえず上場会社で世界一の売り上げを誇る6塗料の会社のお中元が、もう勘弁してくださいと、もっていきたくないと支店長に申し出た位。ひどかったです。

 

最高の売り上げを誇る地域の代理店は年間1億円以上の売り上げがあるのに、最高ランクのお中元は、30Cm位のいかにも安そうなハム。

 

次に大きいい代理店には、カルピス2本。その他はオリジナルのメモ入れお中元を上げる方も恥ずかしいし、受け取る方もいらないの一言で終了。大阪、本社の会社だが、あまりニセコイお中元は変えって逆効果であることを認識してほしいかったです。

 

そもそも、お中元の気持ちは、普段、お世話になってる取引先、そのお客様を失笑させる、または逆上させる。お中元は心から止めてほしかったです。